遺産相続トラブル集

亡くなったらいきなり連絡してきた

2016/12/01

遺産相続で父方の祖母が亡くなった時の事で色々父の兄弟でもめていたことが有ります。父は一人っ子だったのですが、父の母は再婚で、前の夫との間に子供が2人おり2人のうち1人とは仲が良くしていたと言う事を言っていました、

もう一人とは絶縁に近い関係だったらしいのですが、父の母が体調を崩したのを何処からか聞きつけ突如連絡があり、顔を見に行きたいと言って突然現れたらしく、その後定期的に顔を出す様になり病院に入院した事も伝えていないのに何処からか情報を聞き見舞いに来るようになりました。

父方の祖母が亡くなったらいきなり、自分にも財産相続権が有るから、財産を少しでも寄こせと言ってきたみたいで、確かに前の夫の子で血の繋がりは有るので財産相続権利はあるのですが、体調を崩したころに急に現れ財産相続の権利が有る等の主張は無視が良すぎる話です。

そんな事簡単に聞き入れられる訳でもなく3人でしばらく話し合ったみたいで、血の繋がりは確かにあるが、ずっと面倒を見てきたのは父で、音信不通状態だった人間が急に母親が体調を崩す頃にたまたまなのか、知ってなのか姿を現したタイミングが引っかかっていて簡単に分かったとは言えなかったみたいで、それは当然だと思いました。

結局一、二割渡すと言う事で話はついたらしです。でも聞けば聞くほど別に数十年連絡もなかった人に、血の繋がりは有るとは言え渡す必要が有ったのかと思ってしまいます。