遺産相続トラブル集

相続人ではない姉の夫が相続内容に口を挟んでくる

2016/12/25

父が亡くなり、母と姉と私の3人で遺産分割の手続をすることになりました。父の遺産のうち家と土地は全て母の名義に、そして預貯金は母のこれからの暮らしもあるので母が半分、私と姉とでその半分を分けることにしました。それぞれが納得してこの内容で遺産相続の手続を進めてゆこうとしてたのですが、そこに待ったをかけてきたのが姉の夫です。商社マンで神経質な性格の義兄は自分が納得しないことは絶対に認めない性格です。

今回の父の遺産相続に関しては義兄は相続人ではないのだし、本来は口出しすべきではないのではないかと思ったのですが、姉はとてもおとなしく従順な性格なので、夫から強く言われると断りきれないのだと思います。義兄の言い分では父が病に倒れてから最も面倒を見たのは自分の妻の方なので、私と同じ条件で遺産を受け取るのは納得ができないということのようでした。でも、これって姉本人が言うならわかるのですが、その夫であるいわば部外者の義兄が声を大にして言うことではないと思いました。

姉も母と私にすまなそうにしてはいるのですが、自分の夫を説き伏せることはとても無理だと感じているようです。せっかくスムーズに手続が進んでいきかけていたのに、義兄が口を出してきたことでなんだか複雑になってしまいました。しかも姉を差し置いてどうしても納得できないときは弁護士を立てるといって来る始末で、本当に困っています。こちらも弁護士にお願いするしかないのでしょうか?